10年経って理解が深まる

こんにちは、さくらこです。

約10年前に購入した本。その当時、自分なりに解釈し、「なるほど~」と思っていましたが、10年経った「今」その本のことを思い出し、ふり返ってみると、物事への理解とははじめは表面的な理解から始まり、徐々に本質に近づいていく。分かったような気になっていることも、それが本質とは限らないなぁ~と思ったのです。


    

10年前に買った本

それは『ゆるす言葉』

著:ダライ・ラマ14世
    

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに移行します。
    
     
    
35~36歳の私は

自分の課題に薄々気づいていて

自分の中にモヤモヤする感情が

あることは分かっていました。

その頃の私が思わず買った一冊。
     
     
    
この本は

素晴らしい写真に

ダライ・ラマ14世の名言が

詩のような感じで書かれていて

読むというより見る。
   
読むというより感じる。

本です。
     
    
    
文字は少ないのに

心に響く言葉で

何千冊も本を購入していますが

この本はハッキリと覚えています。
     

    
         
         
10年前の私は

「ゆるす」相手を

母だと思っていて

母に認められたくて
※子どもですのでね・・・(^_^;)
    
がんばっていましたが

残念ながら願いは叶わず

できてない点を指摘されて

ばかりいましたので

大人になってからは

母の言動にイチイチ苛立っていました。
     
    
    
子どもの頃は純粋に愛されたくて

認められたくてがんばっていたんですが

顔を見れば

指摘ばかりする母に嫌悪感を

抱くようになりました。
     
     
    
母は母で色々大変だったに

違いないし

これは私が良い人間になるために

厳しくしているんだ・・・

とも思いましたが

本心はムカムカ(–#)
     
     
    
この本は

そんな母のことをゆるしたくて

読んだ気がします。
    
    
    
       
     
    
     
       
怒りや憎しみでは

問題を解決することはできない。

それらを解決できるのは

思いやりと真の優しさによる癒しである

ということが短い言葉から

伝わってくる本です。
    
     

※画像をクリックすると楽天の商品ページに移行します。
    
 

    
     
    

10年経って「今」気付いたこと

10年前に読んだ

この本のことを

ふと思い出したのです。
    
    
     
母との関係は

母が他界する時に

互いに本心が話せる関係になり

心のわだかまりがとけて

すべてこれで良かったんだぁ~

と思うことができました。 
    
   
    
今となっては

ゆるす対象に心辺りがないのに

なぜ思い出したのか・・・?!
     
     
     
もしかして

ゆるすのって

自分自身・・・?!
    
     
     
今となっては

母との確執があったことなど

嘘のように

母への嫌悪感は消え

感謝の気持ちにみたされるようになりました。
※無理なく。
     
     
     
自分をここまで育ててくれた親に

対して嫌悪感や恨みの気持ちを

抱くことに罪悪感を感じていました。

自分はワガママなのか・・・と。
    
     
    
なんだかんだいっても

十分な教育を受けさせてもらい

衣食住も整った環境で

育てられたことは事実。
    
     
    
子どもの頃から

子どもらしくあることは禁じられ

自分で考え

自分で行動することを

教えられたので

子どもの私は不満はありましたが
※不満=甘えたかったとか淋しかったという気持ち

そのお陰で自立できている訳ですから

感謝することはあっても

嫌悪感を抱いていることに

罪悪感がありましたし

誰かに母の愚痴を言おうものなら

「親のことそんな風に思うなんて最低だ!」

と全否定されていました。
     
    
     
母は私の鏡だっただけで

ゆるすべきは自分。
     
      
    
10年前は

深い理解はしておらず

わかったつもりでいましたが

真にゆるすのは「自分」だったと

10年経過した「今」

思うのです。
    
     
     
そこを通らなければ

今日はないので

それも必要なんだったんでしょう。


※画像をクリックするとAmazonの商品ページに移行します。
    
素晴らしい本です。     
   
    
    
物事への理解とは

はじめは表面的な理解から始まり

徐々に本質に近づいていく・・・。

分かったような気になっていることも

それが本質とは限らないなぁ~

    

     
    
     

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す