『あげまん』分析①☆

こんにちは、さくらこです。

9月に「サヌキ・アワ」についての記事を書きました。記事の中で「あげまん」について書いたのですが、具体的に「あげまん」ってどんな女性なの?!と思い、伊丹十三監督の「あげまん」のDVDを観ました!(笑)あぁ~「あげまん」分析に火が付いたかも~~~。

「あげまん」ってどんな女性?!

9月に「サヌキ・アワの集い」に参加し

その時に学んだことについて

記事を書きました。

その時の記事はコチラ↓↓↓

サヌキ・アワの集いって知ってる?!
    
     
     
本文中で「あげまん」について書いていますが

「あげまん」って具体的にどんな女性なの?!

と思い

伊丹十三監督の「あげまん」のDVDを

観てみました!!
     

    
     
     
ツボりました!!(笑)

1990年(27年前)に作られた映画で

設定は1960~1990年だと思います。

主人公ナヨコは、私の母くらいの年齢設定

なんだかとても興味深くて

きっと何度も観ること間違いなしですね~(笑)
     
     
    
以前にも観たことがあると思いますが

今の年齢になって観るのとでは

また全然違うなぁ~(^_^)3 フムフム。
    
     
     

「あげまん」とは言いなりな女性ではない

「あげまん」って言葉から

運の良い女性ってイメージですよね!

しかも

その運の強さが本人のみならず

交際する男性までも運気を上げるほどの

パワーを持つと思っていました。
    
    
   
そのイメージは合っていましたが

悪いことが何もない

良いことばっかりな訳ではないんだなぁ~

と改めて思いました。
※あっ!映画の中の「あげまん」の話しです!
      
      
      
主人公のナヨコは捨て子で

芸者の置屋に預けられ

若い時から芸者になるための厳しい見習いを

しますし

18歳で60代の僧侶に水揚げされるので

自由な恋愛というものとは

無縁な時期を過ごしています。
    

    
    
    
一言では言えませんが

あえて一言で言えば

「苦労」していると言えますね。
   
    
    
映画の中で3名の男性とお付き合いするんですが

決して言いなりの

自己主張しない女性ではなく

怒ったり

泣いたり

甘えたり

いわゆる一般的な「女性」と

なんら変わりのない面も普通にあります。
     
      
     
男性が観るのと

女性が観るのでは

感じ方が違うと思いますし

観る人の価値観でも

色んな解釈があると思いますが

私は女性目線でナヨコを観て

怒ったり

泣いたり

甘えたり

している姿をかわいらしいなぁ~と

感じましたね。
      
     
     

「あげまん」は顔じゃない!

主人公ナヨコは

超美人の設定ではないんですが

なんだか、とてもかわいらしい女性で

私が女性目線で観ても

かわいらしい女性☆


    
     
    
もちろん、顔立ちではありません。

喜怒哀楽の表情が色々あるところかなぁ~
      
       
      
他にも数名の女性が出てきましたが

暗い系の女性(笑)

手編みのマフラー系の女性(笑)
※怖っ!
     
親の七光りのバブリー系の女性(笑)

特に特徴のない一般的な女性

といらっしゃいますが

それらの女性と比較すると

ナヨコは爽やかですね~☆
    
     
    
怒っても

泣いても

甘えても

いじらしいとでも言うのでしょうか

爽やかで

何よりも一生懸命でかわいらしいなぁ~

って感じですね☆


     
     
     

「いじらしい」女性って「かわいらしい」☆

「いじらしい」って言葉は

知っていますが

初めて「いじらしい」と感じたかも~~~
    
     
    
「いじらしい」を検索すると

弱いものが一所懸命に努める有様や心根が

いたいたしくあわれだ。

共感してかわいそうがるほど、けなげだ。

けなげで可憐(かれん)だ。

    
     
     
「かわいそう」とは少し違う感じが

しましたが

一生懸命にがんばる姿って

「いじらしい」。


     
      
    
そして

「かわいい」ではなく

「かわいらしい」のです。

『かわいい』

意 味:小さいもの、弱いものに心惹かれる気持ち、無邪気、子供っぽい、かわいそう、愛らしい
    
使い方:可愛い声、可愛い顔

『可愛い』は、容姿や外観など見たものそのままの姿が愛らしいときに使います。
    
     
     
『かわいらしい』

意 味:子供っぽい、容姿の美しさで周りを魅了するさま、愛らしさが感じられるさま
     
使い方:可愛らしい雰囲気、可愛らしい性格

『かわいらしい』は、対象の雰囲気や性格を表すときに使われる頻度が高いです。

      
        
     

      
      
     
言葉の勉強にもなるなぁ~(笑)
      
     
    
違いがわからない時

それを実践することは難しいけど

違いが分かると

それを実践しやすくなります。
     
     
    
    
「あげまん」分析しばらく続きそう~~~(笑)

続きはコチラ↓↓↓
      
『あげまん』分析②☆喜ぶ女性はかわいい☆

『あげまん』分析③☆指図する女はかわいくない☆

『あげまん』分析④「犠牲になっている」と優しくなれない

『あげまん』分析⑤運命の人ってこんな感じ☆

     

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す