髪の「パサつき」「うねり」はオバサンのサイン!

こんにちは、さくらこです。

8月も残すところ数日。夏のギラギラ感が少し和らぎ、秋の気配を感じます。猛暑の期間はシャンプーの後のドライヤーが雑になります。暑いから半乾き状態のまま寝ること約1ヶ月。髪がパサパサになって、うねってます。数年前まで、ちょっと手抜きしても朝起きたらサラサラだったのに・・・(-_-)手抜きが通用しなくなってきました。この2週間ほど色々試した結果をご紹介します。

40代で髪に変化?!

実は、私の髪質はかなり丈夫な方なんです。

この長さで

枝毛も切れ毛もありません。
    

         
     
パーマはここ数年かけていませんが

以前はカラーリング、現在は白髪染めをしています。

その割には、ダメージは少ない髪です。
     
    
    
夏は、シャンプー後のドライヤーって

とても暑いですよね。

せっかくお風呂に入って汗を流したのに

また汗が出ます。
     
     
     
数年前までシャンプー後に

塗れた髪のまま寝ることもありましたが

それでも朝起きると

サラサラになっていました。
   
   
    
丈夫な髪質に便乗し

油断していたら

40代以降

更に46歳(今年)の夏は

もう髪がパサパサ&うねり現象( ̄0 ̄)
     

         
        
さすがに危機を感じ

2週間前から髪のケアをはじめました=3=3
   
   
    
シャンプーやコンディショナー

ヘアオイルは以前から使っているものを

変更せずにそのまま使っています。
    
    
    
シャンプーやコンディショナーは

自分の髪に合ったものを使うのは

とても大切なことです。
      
     
    
数ヶ月前に

試供品のシャンプーを1度だけ使ったのですが

その後、あり得ないほどパサパサになり

いつものシャンプーに戻しても

しばらくパサついた状態が続きましたので

シャンプーやコンディショナーで

ここまで影響するのか?!

と驚きました。

よほど合わなかったのでしょうね。
    
    
    
40代はお肌だけじゃなくて

髪質も曲がり角です~(;゚ロ゚)
    

   
        
         

加齢とともに髪質が変わる理由

私は40代、特に40代半ばになって

髪質の変化を感じましたが

30代から髪質が変わる人もいます。
    
    
    
髪質がどう変わるのか?!

一言で言うと

パサつきですね。

艶がなくなって、うねることもあります。
     
     
    
パサつきも艶がなくなるのも

髪のうねりも

基本的には髪が乾燥が原因です。
    

   
       
        
髪の毛は、約13%の水分を保持しています。

髪の毛の水分量が減るとパサつきます。

どうして水分量が減ったのか?!
  
というと
   
髪の毛は約13%が水分の他に

約80%がタンパク質

約5%が脂質です。
     
     
     
この脂質は頭皮から分泌される皮脂で

水分の蒸発を防ぎ

健康な髪に必要な水分を保持する

役目をしています。
    
     
     
加齢とともに頭皮の皮脂の分泌量が減り

髪の内部に水分を保持することが

できなくなり

この状態が継続すると

髪はパサつきます。

皮膚にシワが目立ちはじめるのと同じですね。
     
     
    
日常的に髪の毛がヘアスタイリングの際の熱や

紫外線などの刺激によって乾燥したり

皮脂の分泌が低下したりします。
    

   
        
      
髪の毛の表面はキューティクルで

覆われています。

キューティクル(毛小皮:毛表皮)は、

毛髪の表面をおおっている部分。

外部の刺激から毛髪内部を守り、

コルテックスのタンパク質や水分が失われないように

働くと同時に、髪につやを与えています。

根もとから毛先に向かってウロコ状(紋理)に重なり合い、

1枚の細胞は非常に薄く、

通常6~8枚が密着した層をなしています。

健康な髪は、紋理が規則的に整った波状をしていますが、

傷んだ髪は乱れています。

主成分は、

イオウ含有量の多いケラチン(硬質タンパク質)で、

色は無色透明。

硬い反面、もろくて摩擦に弱いため、

無理なブラッシングや乱暴なシャンプーによって

傷ついたり、はがれやすくなったりします。

ヘアアイロンではキューティクルが溶けることも。

さらに傷んでキューティクルのほとんどがはがれてしまうと、

内部のタンパク質が流出し切れ毛や枝毛の発生しやすい状態に。

引用:SHISEIDO GROUP「キューティクルってどこ?毛髪の基礎知識」
   

髪の毛が濡れるとキューティクルが

剥がれやすい状態になります。

さらに「水軟化」といって、

水分を含むだけで髪が脆くなります。

引用:頭美人「濡れたままだと起こる髪のダメージ」

   
   
また

加齢とともに毛穴が歪んできます。

頭皮は皮膚の一部で

皮膚が衰えるとシワができたり

固くなったりするように

頭皮の張りがなくなり衰えることで

毛穴が歪み髪の毛がうねるように

なります。
    
     
     
また

髪の毛の主成分であるタンパク質は

食事から得ていますので

栄養のバランスの良い食事をすることも

大切です。
   

   
        
        

髪のパサつきやうねった髪のケア方法

上記に記載の通り

加齢による髪のパサつき&うねりは

①頭皮から皮脂の分泌減少

②頭皮の歪みや乾燥

③栄養のバランスの乱れ

が主な理由です。
    
    
     
今回の髪のパサつき&うねりの原因は

髪をきちんと乾かさないで寝る日が

何日も続いたことですね。
    
    
    
冬は髪を乾かさないで寝るだなんて

寒くて寝れませんが

夏だとドライヤーでしっかり根元まで

乾かすのはとても暑いんです。
    

    
        
        
半乾きのまま寝たり

頭にタオルを巻いたまま

完全に髪&頭皮が塗れた状態で

知らぬ間にソファーで寝てしまったことが

何日もありました(;゚ロ゚)
    
    
   
その結果

髪はパサつき、まとまりづらくなりました。
     
     
    
以前から髪にはヘアオイルやココナッツオイルを

付けていましたが

8月は付けずに寝てしまう日も多かったので

再開!!
    
    
     
しかし、ヘアオイルを付けただけでは

パサつきはあまり改善されず

丁寧に髪を乾かし

キューティクルを整えるように

豚毛のブラッシングをして

約2週間。

かなり健康な髪に戻りつつあります!!
    

       
    
髪に付けるヘアケア商品も大切ですが

頭皮が健康でなければ

新しく生えてくる髪の毛は

健康でないわけです。
   
    
    
よって頭皮のケアは必須!!
    
    
    
この2週間

シャンプー後は、しっかり髪を根元まで乾かし

豚毛のブラシで丁寧に

ブラッシング

頭皮のマッサージで

かなり健康な髪が復活しつつあります!!
    

         
      
髪の毛がうねってパサついてると

オバサンに見えますよ!!

あなたはの髪、大丈夫??

    
     
     
    

  
    
  

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す