「がんばらない!」宣言!!

こんにちは、さくらこです。

先週の旅は、旅友familyと愛犬との大所帯。(笑)1人&愛犬の旅とは違って賑やかです。少し前から気付いていること、でもついついやっちゃって「あぁ~またやってる~」ということを辞めるのが課題の私。意外と自分のことは気付かない。そんな私の鏡となる旅友との旅でした。

「がんばらない」宣言!!

いきなり結論!

私、もうがんばりません!!

薄々お気づきの方も

そうでない方も

いらっしゃることとは思いますが

私、「がんばりすぎる人」です。

厳密にいうと

頑張り過ぎる人でした。(^_^;)
    
 

がんばることの何処が悪いの?!

   
とお思いの方もいるかも知れませんが

がんばることが悪いのではなく

頑張り過ぎる

のです。
   
   
      
   
がんばらないと生きていけない状況でしたし

がんばらないと上手くいかないと

思い込んでいることもありました。

がんばれば何とかなる・・・。
   
そして

気力と体力が人並み以上だったことも

がんばりすぎることを助長しました。
    
    
    
色んなことが重なって

「がんばる」ことは

日常的になっていて

「しんどい」「辛い」ことに

鈍感になっていた時期を

約20年過ごしました。
    

   
       
       
「しんどい」「辛い」と感じる

閾値が高いので

他の人が「しんどい」「辛い」と

思うことも「大したことない」と

感じる傾向があります。(;^_^
   
    
   
色んなことを平気な顔して

やっているので
※慣れているだけ・・・

 

何でも簡単にできちゃうねぇ~

と言われることがあります。

私にとって簡単そうにやっているように

見えていることは

一般的ではないことも多いので

あなたみたいに上手くいかない・・・

と言われることも何度もありました。
   
   
    
自分の価値観でいうと

どうしてもっと練習しないのかなぁ~

と思いますが

それは私の価値観で

相手には相手の価値観があるのです。

私のやっているtry&errorの量は

かなり多いみたいです。(笑)
    
    
   
いつの頃か少しずつ気付いていましたが

習慣なので中々

直ぐには変われないものです。
    

    
         
       

自分で何とかしようとしてしまう・・・

旅友とは

家族構成も職業も

これまでの育った環境も

共通点はほとんどありませんが

「がんばりすぎる」点では

私の鏡。(^_^;)
    
    
   
もっとチカラを抜いても良いところで

がんばってしまう・・・

自分で何とかしようとしてしまう・・・
    
 
     
       
       

はじめから「がんばらない」のとは違う

どうせがんばっても同じ・・・

とは違うし

がんばっても上手くいくとは限らないから

がんばらない訳でもない。
    
     
    
がんばり過ぎた人には

わかると思うな・・・

この感覚。(笑)
    
    
   
自分では自分のことは中々わからない。

私は、たまたまスゴく身近なところに

「がんばりすぎてる」人がいて

あれ・・・?!

と思った。
    
 
   
    

がんばりすぎて良いこともたくさんあった

とにかく

あまり深く考えずに

気力と体力に任せて

がんばることで

多くの経験ができたし

成果がでたことは

自信にもなりました。

得たことは

とても多かったと思います。
    

   
        
     

のんびりする練習中

私のFacebookやブログの投稿は

のんびりしている投稿が多いのですが

「のんびりする」ことは私の課題であり

練習なのです。(^_^;)
    
     
    
「がんばらないといけない」

「がんばらないと上手くいかない」

と思っていた時の私は

他人にもがんばることを

求めてしまっていました。
       
    
    
それは

場合によっては

相手を追い詰めてしまうことに

なるかもしれません。
  
   
   
それより何より

自分を信じていないのか?!?!

死ぬまで

がんばり続ける気なのか?!?!
    
    
    
のんびりすることが下手だった頃の私は

めっちゃがんばって働いて

弾丸スケジュールで海外旅行に行って

息抜きしていました(笑)
    
    

それ・・・”(-“”-)”

漁師と旅行者の話じゃん・・・”(-“”-)”

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
   
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
   
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
   
旅行者「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
   
すると
   
漁師「そんなに長い時間じゃないよ」

旅行者「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

漁師「自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。」

旅行者「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
   
漁師「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。

戻ってきたら子どもと遊んで

女房とシエスタして。
  
夜になったら友達と一杯やって
  
ギターを弾いて

歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
   
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

旅行者「ハーバード・ビジネス・スクールで

MBAを取得した人間として

きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間

漁をするべきだ。

それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。

そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。

やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。

自前の水産品加工工場を建てて

そこに魚を入れる。

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出て

メキソコシティに引っ越し

ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。

きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

旅行者「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」

漁師「それからどうなるの」

旅行者「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い

旅行者「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

漁師「それで?」

旅行者「そうしたら引退して

海岸近くの小さな村に住んで

日が高くなるまでゆっくり寝て

日中は釣りをしたり

子どもと遊んだり

奥さんとシエスタして過ごして

夜になったら友達と一杯やって
   
ギターを弾いて

歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」   

「がんばる」ことが悪いんじゃないけど

「がんばりすぎる」私は

「がんばらない」宣言します!!!

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す