「素」の自分に戻ってきたら「らく」で「しあわせ」

こんにちは、さくらこです。

SNSでの思いつきの投稿から、思わぬ気づきがありました。

キッカケは意外なところにある

よく利用しているfacebook。

私の投稿へのコメントで

この方、投稿を読まずに

てきとーにコメントされているなぁ~

と思うことがあります。
   
やはりオジサンに多いです。(笑)
    
    
    
私の投稿を読んでくれている人の

コメントは私と意見が違ったとしても

興味深く、私も

なるほど~~

と思うことがあるから

直ぐにわかります。
    
    
    
そこで、思いつきで

こんな投稿しました。

お会いしたことがある方

お会いしたことない方

様々ですが

私はどんなイメージですか??

教えて下さい。

その結果

コメントを下さった方の多くは

普段から私の投稿を読んで

下さっていることが

直ぐに分かりました。☆
   
    
    
書いて下さっていることが

的確だったからです。

さすが!!

スルドイ!!

と思いましたし

投稿に関心を持って読んで下さっていること

とても嬉しいと思いました。
    
    
    
中にははじめてコメントして下さる方も

いらっしゃって

とっても嬉しかったです。
    
     
    
この投稿へのコメントには

「変な男性より男っぽい・・・」

とのコメント複数。(笑)
    
「男らしい」という表現の真意は

潔いとか

決断力があるとか

行動力がある

という意味で

「オッサンみたい」

という意味ではないことは

直ぐに分かりましたので

良かったです。(笑)
     
     
      
冗談で幼少期の大人しかった時の

写真を探して

反論しようと思い

数少ない幼少期の写真を探したところ
※たくさんあった写真を捨てたのでほとんどないんです。

出てきた写真はコレ↓↓↓
   

※ぜんぜん大人しそうじゃない・・・(^_^;)

2歳の私。

車をブイブイ言わせてる写真。

しかも

とっても楽しそう♫
    
     
    
お人形で遊んでいる写真は

1枚もないのです。
※捨てた写真にもなかったと思います。
    
    
    
あっ・・・

子どもの頃から車に乗ること

好きだったのねぇ~~~(笑)

車で出かけること好きな

兆しが既にありますね。
    
     
     
母はどうして

2歳の女の子(私)のオモチャに

車を買い与えたのか??

と思いますが

答えは単純。

母自身が好きだから。(笑)
   
    
    
母は自分が好きな物(のみ)を

私に与える傾向がありました。(笑)

おかげさまで

私も車でお出かけが大好きに

なりました。
   
    
    
ちなみに母と車で出かけたことは

ほとんどありません。(笑)
     
     
     
いづれにせよ

私のお出かけ好きは

2歳の時から始まっていたことに

今更、気付きました。
   
     
     

子どもの頃の素直な自分に戻れたことがポイント

ほんの数枚しか残ってない

幼少期の写真。

誰が捨てた訳でもなく

自分で捨てたのですが

残しておいた

たった数枚の写真から

色々と発見がありました。
    
   
    
2歳
    

46歳

 

表情がほぼ同じ。(笑)

私は2歳の時から

この笑い方してたんだぁ~~~

と可笑しくなりました。
   
    
    
コメントには

2歳の時から変わらないですね~

 

そのまま大きくなったんですね~

などのご意見が多数。
   
    

変わらない・・・のかな。

あっ!!

私、幼少期の頃に近い気持ちに

戻れているんだ!!

と気付きました。
    
     
    
中学生や高校生の頃は

表面体には良い子でしたが

内面になんだか葛藤を抱えていて

いつも何かモヤモヤしていました。
   
    
    
既に母に対しても

反発する気持ちも芽生えていましたが
※健全な意味で「自我」

母があまりにも怖かったことや

愛されたい

認められたい気持ちの方が

勝っていて

結局、グレることもなく

反抗もせず

良い子を演じていたのです。
     
     
    
その後、進学し

医療業界での下積み期間は

「軍隊」のように徒弟制度の厳しい6年間で

先輩に逆らうこと

自分の意見を言うことは

一切、認められない時を

過ごしました。
   
   
    
18~23歳って世間の若者たちは

みんな楽しいそうに遊んでいる時期に

「軍隊」のような中で時を過ごしていた

こともあって

「緊張」した表情を

していました。
    
     
    
そんな時って

良いイメージなんて浮かばなくて

「自分は不幸」

「自分は可哀想」

などと「被害者」的なマインドでした。
     
    
     
   
そして、25歳にして

親に勘当され(笑)

その流れで自営業をはじめる・・・(笑)

という半ば

突然、海に放り出された感じで
※自分で放り出されるような状況を作ってるんですけどね。

必死で生き延びた約15年。

その頃の写真は
   

こ・怖い・・・(^_^;)
 
  
   
    
まるで突然、海に放り出されて

荒波にもまれたり

サメに追いかけられたり

クラゲに刺されたり

タコに脚を引っ張られたり

したような15年だったので

子どもの時のような

無邪気な気持ちもあった

かもしれませんが

厳しさが目立っていたと

思います。
    

    
         
        
荒波にもまれ

サメに追いかけられ

クラゲに刺され

タコに脚をひっぱられたことで

厳しさを身に付けたようです。

それにしても

怖い表情・・・(^_^;)
    

     
         
        
「今」

海は穏やかで

サメやクラゲやタコを

回避することを覚えました。
    

       
      
      
世界をぐるっと一周して

別の人格や

別の性格ではなく

本来の自分に戻ってきたんだ!!

それで

「らく」と言いますか

「幸福感」

があるのかしら~~

と思いました。
   
    
   
荒波にもまれながら

世界一周することで

新しい自分とも出会えましたし

新しい能力も身に付きました。
    
    
    
今は不要な能力もあり

それは手放すことができつつある

ような気がしています。
    
        
    
「素」

「す」「そ」「もと」

と読みますが

1.地(じ)のまま、他の物やしぐさが加わっていないこと。 
   
全くそのもの。

2.地位や財産など無い状態。

3.生地のまま。手を加えていない本質。

などの意味を持ちます。
   
      
     
    
    
私、世界一周して

もとの自分に戻ってきたみたい・・・

と思ったのです。
    
    
     
Facebookでの特に計画性のない

思いつきの投稿から

思わぬ気づきをもらいました。

もしこの旅を経験していなければ

何が自分の「素」なのか

何が「らく」で

何が「しあわせ」なのか

気付かなかったかもしれないなぁ~と

思い

やっぱりこの「人生」で良かった

全ての経験は必要だったと

しみじみ感じています。
   
「ただいま。私。」
        

    
    

    

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す