「追いかけたくなる!」魅力☆

こんにちは、さくらこです。

「魅力」っていっても人それぞれ好みがありますので、一概に「コレです!」と一言では表現できませんが、「追いかけたくなる!」ような魅力って、ステキだなぁ~と思います。「追いかけたくなる!」女性になれたらステキ~(笑)

顔立ちが可愛い女性

顔立ちが可愛いとかキレイとか

大切ですよね(*^_^*)
   

     
     
汚いよりはキレイな方が良いのは

同性から見ても

そうですよね。
   
   
  
顔立ちが美しければ

それは魅力の1つではありますが

話してみると

ツマンナイ人っています。(笑)
   

      
     
話がツマンナイのは

もう間が持ちません。

自分ばかり話さなきゃモードになって

やけに疲れます。
   
   
   
これでブスだと最悪です。( ̄0 ̄)
   
   
   
話しが下手というより

話題がないんですよね。

ノリも悪い。

スゴく盛り上がっている場でも

楽しいんだか

楽しくないんだか

よくわからない表情してる女性います。
  
   
   
顔が少しでも可愛いと

いるだけでも華やぎますが

これでブスだと

帰れ!

  
といいたくなります。
※そんなこと言いませんのでご安心ください。
   
   
   
顔立ちが可愛い&キレイなだけでも

ずいぶん多めに見てもらえると

思います。
※若いうちは・・・。
  
   
   

「追いかけたくなる!」女性

顔が可愛い&キレイは

魅力ですが

「追いかけたくなる!」か?!

どうかは別です。
   
   
   
遠くから見てるだけでも

言い訳ですからね。
   
   
   
「何この人?!」

と思っても

ついつい見ちゃう!!(笑)

時には、ムカついたり!

時には、うるっとしたり!

時には、ほっとしたり!
  
   
  
感情を揺さぶられると

気になって気になって

たまらなくなります。(笑)
   

      
      
私の愛読ブログである

龍眼≪Dragon Eye≫さんの

この記事を読んだ時に

あっ!!

人も同じだなぁ~と思いました。

その記事はコチラ↓↓↓

手の届かないことに良さがあること

  
本文中の

(省略)

鶴を引き止めるなら、
檻に入れるしかなくなる。

鳥インフルエンザにかかるかも
しれない。
シベリアまでたどり着くことが
できないかもしれない。

無事に来年戻ってこないかもしれない。


  
だからこその力強さ、美しさ。
野生の鶴を見れば感動する。

だけど動物園の鶴に見惚れたことはない。

そういうことだろう。

不自然なことは感動も生まない。

(省略)

引用:龍眼≪Dragon Eye≫ 手の届かないことに良さがあること

檻に入ってじっとしている

しかも

誰も入れてないのに

檻から出てこない女性(男性も)。

いや、そもそも檻なんて

存在しないのに

檻に入っているかのごとく

檻の中にいる女性(男性も)
   
   
   
追いかける必要ない。
   
   
  
どうせそこから動かないもの。
   
   
   
時に、力強い女性は美しい。
   
   
  
しかも、ウロウロ動くから

目が離せない(笑)
   
   
   
野生の鶴を見て感動するように

自然な状態で

笑っていたり

怒っていたり

泣いていたり

真剣だったり

そんな姿に感動する。
   
   
  
目が離せない。

追いかけたくなる!!
   
   
   
そして

檻の中から見てる人は

この魅力ある人を手にすることは

できません。(笑)
   
   
   
だって、檻から出ないから。
   
   
   
感動するような生き方していると

勝手に「追いかけたくなる!」魅力に

溢れてきます。
   
   
   
鳥インフルエンザになるかも

しれない・・・(-_-)

とか言って

飛ばない鶴

魅力ありません。
   
   
   
  
人間も同じですねぇ~(*^_^*)

   
   
   

  

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す