美肌になるドライトマト☆作り方

こんにちは、さくらこです。

リンゴ、オレンジ、トマトなどでドライフルーツやドライクッキーを自分で作っています。色々な果物や野菜で作っていますが、中でもドライトマトは美肌効果があることで有名です。しかも美味しいので、とってもオススメです。

  
  

美肌になるドライトマト

トマトはそのままでも

栄養のある食材ですが

ドライトマトにすると

ビタミンCが約2倍になるとも

言われています!
  

  
  
ビタミンCといえば

肌にハリをもたらす

コラーゲンの生成に欠かせない

栄養素です。
  
  
  
また

メラニン色素が黒化していく

過程を抑制するので

シミの予防にも役立ちます。
  
  
  
トマトといえば

「リコピン」が有名な栄養素ですが

「リコピン」は抗酸化作用が強く

ビタミンEの約100倍と言われています!
  
  
  
ドライトマトは美肌には必須☆

と言いたくなります(^_^)v
  

  
    
    
    

市販のドライフルーツ&ドライトマト

 
ドライフルーツは、以前から好きで

食べる頻度が高いことや

市販のドライフルーツは

当然ながら酸化防止剤、防腐剤などなど

色々入っているし

とにかく甘い。

甘すぎて好きではないので

自分で作っています(*^_^*)
  
  
  
甘くしなくても良いのに

砂糖まぶしてあったり・・・。

まぶす位だったらいいんですが

甘すぎるんです!!

どのドライフルーツ食べても同じ味・・・

砂糖味やん

生の果物は

水分を多量に含んでいます。

水分が多い食べ物は、傷みやすいです。

塩鮭などは

鮭という水分が多いものを長期保管するために

塩を沢山使用します。
  
  
  
同様に水分を多く含む果物は傷みやすいので

ドライフルーツとして長期保存する為に

砂糖を使用します。
  
  

  

よって特に水分量の多い果物

苺・パイナップル・パパイヤなどは

砂糖が多くなります。
  
  
  
ドライフルーツなどの乾物は

保存食でもありますので

当然と言えば当然のことです。
  
売れる前に店頭で腐っては困りますものね。
  
  
  
食材の産地のほとんどは海外です。

やはり中国産はイメージ悪いですよね。

中国産がすべてダメというわけでは

ありませんが

中国産の食材を積極的に食べようとは

思えません。
  
  
  
私がドライフルーツにするものは

国内で採れる林檎やトマトが

ほとんどです。

ドライクッキーは、ナッツ類で作るので

国産ではありませんが・・・。
  
  
  
自分で作ると自分で食材も買いますし

不要なものは入れないでイイですし

自分が好きなように作れます。

それが最大のメリットです。

ドライフルーツ好きな私にとっては

自分で作った方が良いんです(*^_^*)
  
  

   

ドライトマトの作り方 

  
   
塩ドライトマトを作って

Facebookに投稿したら

「作りたい!!」

とコメントやメッセージを

いただきましたので

作り方をご紹介します(^_^)v
  

    
    
ドライトマトを自宅で作るには

①天日干し

②食品乾燥機

③電子レンジ

④オーブン

などがあります。
  
   
  
  
①天日干し

天日干しは自然の太陽光で乾燥させます。

もっとも自然な方法です。

が、日本は湿度が高い国。

水分の多い食材を天日干しすると

できるまでにカビてしまう可能性大。
  
  
  
天日に干す訳ですから

虫が寄ってきやすいので

天日干しされる方は

天日干しネットで乾燥されることを

オススメします。

※画像をクリックすると商品ページに移動できます。

まずは上記で紹介した天日干しネットの

ように小さいサイズのネットが

オススメです。

たくさん作ってもカビてしまったら

もったいないですからね。
  
  
  
椎茸などは元々水分が少ない食材

ですから天日干しに適しています。
  
  
  
天日干しは晴れの日だけ

直射日光が当たる時間だけ

日当たりの良い場所に干してください。

雨に日や日没後は室内に入れましょうね。
  
  
  
30分~1時間に1度

食材をひっくり返した方がキレイにできます。

温度や湿度にもよりますが

約2週間乾燥させるとできます。(笑)

意外と長くかかるでしょ。
  
   
  
田舎だと漬け物用に

大根や白菜を天日干しされていますが

何日も天日干しされています。
  
  
  
  
②電子レンジ

トマトを約5㎜にスライスします。

耐熱皿にクッキングペーパーを敷き

スライスしたトマトを並べます。

1分電子レンジで温めたら取り出します。

水分が出ているので

クッキングペーパーを交換。  
   
水分が飛ぶまで何度も繰り返します。
  
  
  
電子レンジはマイクロ波が体に

悪影響だと話題になりましたので

気になる方は行わないでください。
  
  
  
  
私は、マイクロ波は気にしていませんが

作り置きした食べ物を

温め直して食べる習慣がないため

電子レンジはほとんど使いません。
  
  
  
使っている家電が電子レンジ&オーブン

なので

主にオーブンとして使用しています。
  

  
    
    
③オーブン

トマトを約5㎜にスライスします。

天板にオーブンシートを敷き

スライスしたトマトを並べます。

余熱なしで

100度で約1時間。

ひっくり返して、再度40分。
  
  
  
焼く感じに近いです。(笑)
  
  
  
電子レンジとオーブンは

高熱で乾燥させますので

食物酵素を摂取したい方には

オススメしません。

食物酵素を気にされない方は

お試しください。
  

    
    
    
④食品乾燥機

私はコレで作っています。

※画像をクリックすると商品ページに移動できます。

温度は50度に設定し

約24時間~乾燥させます。

タイマーがついています。
  
  
  
最近ではリーズナブルな

食品乾燥機もあります。

※画像をクリックすると商品ページに移動できます。
  
  
  
私は後者の乾燥機はオススメしません。

リーズナブルな家電は

購入しやすいですが

ちょっとしか果物入りません。

また、小さめにカットしないと

入りません。

例えば

上記の写真のように

丸い状態では入りません。

丸くなくてもイイと思いますが

一度に少ししか食材が入らなくても

乾燥にかかる時間は同じなので

林檎1個を乾燥させるのにも

林檎10個を乾燥させるのにも

同じだけの電気料金がかかります。
  
  
  
かえって高くつきます。(笑)
  
  
  
私は、ミキサー、フードプロセッサー

その他、家電のリーズナブルな物

良い物とどちらも使ったことありますが

価格に見合った性能です。
  
  
  
買う時にリーズナブルな方が

購入しやすいですが

かえって高くつきますよ。
  
  
  

ドライフルーツを購入派vs自分で作る派

ドライフルーツは食品乾燥機が

あれば作るのは簡単です。

食材をスライスして並べるだけで

後は放置。
  
  
  
  
自分で作る派でない方は

ドライトマトを購入されても良いと

思います。

ほとんどのドライトマトは

砂糖が入っています。(^_^;)

けっこう入っていると思います。

食べると砂糖甘いので。(笑)
  
  

ほどよい塩味がドライトマトの

甘みを引き出し・・・

って

砂糖の甘さやん!!!

  
って言いたい。(笑)

こうして色々食べてみています。

表示に疑問を感じることもありますが

1回食べてどうにかなるわけでは

ありませんので

ご安心ください。
  
  
  
というわけで

私は自分で作っています。(*^_^*)

  
  
  

  
  
 

  
  
  

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す