両親とも他界した私の心が穏やかな理由!

こんにちは、さくらこです。

2012年に父、2014年に母、義父、恩師、友人との永遠の分かれを経験した私。しばらくは、何もする気が起きなかったし、淋しいさを感じたことは事実。ですが、意外と心は穏やかでいられている気がするのは気のせい??気のせいじゃない!!ことが判明。そのことについて書いてみたいと思います。

「別れ」は辛い・・・。別れ方で辛さが増す

2012年に父

2014年に母、義父、恩師、友人との

永遠の分かれを経験した私。

しばらくは、何もする気が起きなかったし

淋しいさを感じたことは事実。
  
  
  
ですが

意外と心は穏やかでいられている

気がするのは気のせい??

気のせいじゃない!!

ことが判明。

  
  
  
辛さに順番なんてないけれど

一番辛かったのは

2008年に愛猫が亡くなったこと。
  
  
  
1996年(当時25歳)に両親との

すったもんだがキッカケで

独立しちゃうことになった私。

独立したいという強い想いなんて

これっぽっちもなかったのに

独立することになっちゃった。Σ(|||▽||| )
 
 
 
両親との喧嘩がキッカケで

カンドーされ

放り出されたので

自分で歩くしか

生きていく道がなかっただけなの。

しかも

いきなり借金

いや

借金もできなくて

カードローンをハシゴしました~~
  
money-256319__340
    
   
気合なのか

運が良かったのか

カードローンの返済は

数ヶ月で完済し

何とか今日のご飯は食べれる・・・

状態にはなれたんです。
  
  
  
独立して1年経つ頃には

いつの間にか

少額であれば

まともな(?!)金融機関に

借り入れもできるようになっていました。
  
coins-948603__340  
  
    
経営はわりと順調に伸びて

1999年(当時28歳)の時には

わりと余裕があったんです。

お友達とわが家でバーベキューし

話しの流れで

猫がどんなにかわいいのかで

話しがはずみ

私はその脚でペットショップへ直行=3=3=3

kittens-555822__340
  
  
たまたま

行ったペットショップで出会った

アメリカンショートヘアの♂猫と

目が合い(☆Д☆)☆

その瞬間

家族になることに決定!!
  
kitten-1285341__340
    
  
名前は「なちゅ」

とってもイケメン。

性格も良くて

頭も良くて

親バカMAX!!

本当にかわいい猫だったんですょ☆
  
  
  
なちゅが亡くなったのは

私の不注意・・・

突然、心臓発作を起し

悲鳴をあげ

私は慌てて抱きしめましたが

即死
  
  
  
  
何の前触れもなく

突然だったこと

9歳とまだ若かったこと

悲鳴をあげて

最後の瞬間

苦しそうだったこと

などで

思いだされるのは後悔ばかり

ペットレス症候群に陥りました・・・。
  
worried-girl-413690__180
    
  
なちゅは苦しかったろう・・・

生きている時

私と暮らしてても留守番ばかりで

淋しかったろう・・・

もっと体に良い物をたべさせておけば・・・

もっと遊んであげれば良かった・・・
  
  
  
楽しかった想い出もたくさんあるはずなのに

後悔ばかりでてきて

ずいぶん苦しみました。
  
  
  
結局

なちゅが幸せだったかは

確認することはできないわけで

私自身がやらなかったことを

後悔しているんですよね。
  
  
  
  
今までの人生で

会社のことや家族のこと

色々あったけど

あんなに苦しかったことはなかったです。
  
train-tracks-1081672__340
    
  
  

その後も続く別れ・・・

その後

2012年に父

その1年後

母は、末期ガンで余命半年の宣告を受けました。

私と母は父の死をキッカケに

たぶん

物心がついてから

はじめて母と向き合ったのかもしれません。

言いづらいことや

都合の悪いことを

避けて

適度な距離を保ち

暮らしてきたので

正直、母との関係はずっと良くなかったんです。
  
lamb-1353266__340
    
   
父との別れがキッカケで

母は落ち込み

その後間もなく

余命宣告を受け

単身での治療はムリだと判断。

同居することになり

母には私のこれまで思っていたことを

ぶつけることになりました。

この方法が良かったのかどうかは

わかりませんが

末期ガンの母と

激しく喧嘩しながら

時には爆笑しながら

本音を話したのは

産まれてはじめてだったと思います。
  
  
  
母が亡くなる

約2ヶ月前に

人生の中で感謝してやまない恩師が

突然、他界。

約1年前に会ったのが最後でした。

また、その約1ヶ月後

突然、義父の様態が悪くなり

別れを告げることに。
  
  
  
  
突然過ぎると

傍にいる家族も

気が動転して

何がなんだかわからない感じに

なってしまいます。
  
water-1245779__340  
  
  
母は、病床で

私の話しを聴きながら

少しずつ覚悟したんだと思います。
  
  
  
最後の約1ヶ月は

今までの険悪だったのは

ウソのような良い関係になり

こんなんだったら

ずっと前から

こんな良い関係でいたかった・・・

と思いましたが

互いにこれが最後だと

覚悟しないと

こんなに素直に

こんなに正直になれなかったみたい・・・
  
monkey-1449380__340  
  
  
  

何十年もの苦しみもたった1ヶ月で幸せになれる

物心ついた頃から

仕事が忙しかった母とは

時間も心もすれ違い

いつの間にか

話すこともなくなり

たまに話せば

イライラ・・・

何十年間も。
  
  
  
最期の1ヶ月

母は私を信頼していると

言うようになっていて

「もう何にも心配ない」

と言ってくれた。
  
  
  
ちっとも痛がることもなく

ほとんど苦しむこともなく

ただやせ細っているので

痛々しい感じはどうにもできなかったけど

毎日、病室に行くと

ニコニコと笑顔で

自分の子どもの頃の話しをしたりして

ご機嫌でした。

268
  
  
私は、そんな母を見て

何だか幸せで

別れの日は近付いているのに

辛くなかった。

もう母はいなくなるんだから

後悔しないように

自分にできることをやったし

そのことで

私と母との関係は良くなって

母は笑顔だった。

テレビドラマでよく見る

「死なないで~」

みたいな気持ちにはならなかったんです。
  
  
  
私は、最期に母に癒されたと思っています。
  
588
    
   
  

両親とも他界した私の心が穏やかな理由!

いつも愛読しているブログ

龍眼≪Dragon Eye≫

11月15日のこの投稿を読んで確信しました。↓↓↓

毎日心がけておけばとりあえず、絶対失敗ではないこと。

この記事の中の一部

大切な人たちが私たちを残して

ゆく時、

痛みを軽減してくれるものは

なんだろう。

それがきっと、

「後悔のない日々。」それも、

「ラビアンローズ(バラ色の日々)」

な人生を過ごしておくことなのだろうね。

引用: 龍眼≪Dragon Eye≫より

  
  
この数年間に

私はたくさんの別れを経験し

なんとも言いようのない

気持ちを体験しました。

  

さすがに

いつも通り元気!!

って訳にはいきませんでしたが

食欲も正常

健康状態も良く

なんだか幸せな気分♪
  
  
  
両親と別れ

恩師と別れ

義父と別れ

友人と別れ

その割には元気かも・・・。
  
  
  
愛猫との別れの時には

心が引きさかれるように

辛かったことを覚えている。
  
  
  
母の穏やかな表情は

私の苦しみを軽減

軽減どころじゃなくて

ほとんど感じないで済んでいる。
  
butterfly-1127666__340
    
  
庭に蝶が飛んでいるのを見るたびに

「あら、今日も来てるの??」

って話しかけてる。
  
  
  
母は偉大だと

あらためて思います。
  
  
  
  

やっぱり、思うことはコレ!

rose-1687547__340
  
  
後悔のない日々。

結局

後悔は自分を苦しめる

その苦しさときたら

もう地獄の苦しみ・・・
  
  
  
自分が自分を苦しめていることを

知ったことで

やりたいことは全部やる!!

と決意が固まった。

元々、そんな傾向だったと思うんですが

更に拍車がかかってます。(笑)

会いたい人に会い!

行きたいところに行き!

食べたいものを食べる!

したいことはする!
  
  
  
そのために必要な時間とお金は

何とかしないとねぇ~♪
  
14650495_1135596423194369_6327457114949499088_n

さくらこ♪ LINE@「さくらこのノマド的Life Style」

ブログでは書けない裏話、さくらこ作スムージーの動画配信、お金の裏話、などお届けしています。

お友達追加してねぇ♪

linebutton02

コメントを残す